• ホーム
  • 歯を失った(入れ歯)・歯並びをきれいにしたい(矯正歯科)

歯を失った(入れ歯)

入れ歯治療

歯が抜けてしまって義歯を入れる必要がある、インプラントにはちょっと抵抗がある、今使っている入れ歯が自分に合わなくなっているという方は、当院の入れ歯治療を検討してみてください。入れ歯というと、どうしてもネガティブなイメージを持たれがちです。「食事しにくい」「話しにくくなる」「外れてしまわないか心配だ」このような懸念の声をよく耳にします。

しかし近年は歯科治療の進歩とともに、入れ歯治療も進化を遂げているといわれています。見た目の改善も進みましたし、トラブルの起きにくい入れ歯も増えました。治療期間が短く、安い治療費で作れるなどのメリットもあります。今こそ、自分にあった入れ歯を検討してみてはいかがでしょうか。

総入れ歯と部分入れ歯
総入れ歯

部分入れ歯

総入れ歯はすべての歯を失ってしまった患者様を対象に作られます。歯ぐきに直接装着する形をとるので、違和感があるかもしれません。しかし現在は、一昔前と比較すると違和感は少なく、自分の歯で噛んでいるのに似た感覚を得られる種類もあります。

一方、部分入れ歯とは、部分的に失ってしまった歯を補うために使用されます。残った歯に金属のバネで引っ掛けるような形で装着するのが基本で、入れ歯だけでなく残った歯のお手入れがきちんとできるかどうかが重要です。

当院の入れ歯治療(保険適応外)

ノンクラスプデンチャー

金属を一切使わず装着できる部分入れ歯です。素材が柔らかいため違和感が少なく、審美的にも自分の歯のような仕上がりです。経年劣化も起こりにくいので、長く装用できます。

金属床義歯(チタン)

床の部分をチタンで作っている入れ歯です。金属の中でも非常に軽く、熱の伝導性にも優れているので食事も楽しめます。薄く作られるため自然な装着感が得られます。

歯並びをきれいにしたい(矯正歯科)

矯正歯科

歯並びに乱れのある人は、口元にコンプレックスを抱きがちです。また毎日ブラッシングをしているつもりでも、どうしても磨き残しが出てしまい、歯の汚れが残りやすくなります。その他にも発音に支障が残るなどのデメリットがあります。

矯正治療は、歯を徐々に動かして正しい歯並びにしていく治療法です。噛み合わせを良くしてお口の環境と審美性を改善させましょう。

矯正治療のメリット
審美性の向上

歯並びが悪いと、口元の印象に影響が出てしまいます。矯正歯科によって歯並びの矯正をすれば、顔の印象もアップして自分に自信がつくはずです。

口腔内のトラブルの予防

歯並びがよくなると、磨き残しが少なくなります。その結果、むし歯や歯周病予防がより効果的に行えます。

発音改善や劣等感の解消

歯並びが乱れていると、発音がうまくいかないことがあります。矯正治療をして歯並びを整えれば発音がクリアになります。口元にコンプレックスを持っている方が矯正治療を行えば、きっと自分に自信を持てるようになるはずです。

矯正治療が必要な歯並び

上顎前突

いわゆる出っ歯です。上の歯列全体もしくは上あごが大きく前に出てしまっている状態です。上あごの成長のし過ぎ、逆に下あごが成長不足で起きることもあります。

反対咬合

受け口といわれる状態です。下の歯列が全体的に、もしくは下あごが前に突き出ています。食べ物をうまく噛めませんし、滑舌に問題が生じる場合もあります。

過蓋咬合

上の歯列が下の歯列に対してかぶさっている状態です。正面から下の歯が見えない場合もあります。歯ぐきが傷つく、食べ物が噛みにくくなる、滑舌が悪くなるなどの影響をもたらす可能性があります。

叢生

あごに対して歯が大きすぎる、あるいはあごが小さすぎる場合に見られる症状です。歯が重なって生え、デコボコの歯列になってしまいがちです。

開咬

奥歯を噛んだ時に、上下の歯に隙間ができる症状です。前歯で噛み切れなくなるうえに、空気が漏れることで発音に悪影響をもたらします。

矯正装置の種類

メタルブラケット

金属製の装置とワイヤーを利用した、ポピュラーな矯正装置です。強い力で圧力を加え、正しい位置に歯を移動させます。

クリアブラケット

メタルブラケットと基本的な構造は同じですが、透明なブラケットを使っているのが大きな違いです。透明であるため周りから矯正治療をしていることがわかりにくいというメリットがあります。

リンガルブラケット

通常のブラケットと異なり、歯の裏側に装置を装着するタイプです。見た目には矯正治療をしていることがわかりません。

床矯正

あごに直接装置を取り付ける、入れ歯に似たタイプの矯正装置です。あごを拡張し、歯が生えるためのスペースを作るために使われます。

このページの先頭へ